前へ
次へ

収入アップを考えた転職活動

今の職場では収入面で不満を感じる際に、今までの仕事の経験を活かせる職場なら、仕事の経験をアピールしな

more

退職金ありの求人を見つける転職活動

老後の生活を考えたときに、いろんな備えができていることも重要になるため、老後の備えをきちんと考えて、

more

子育てと仕事の両立を考えた転職

転職をすることで、子育てのことを考えたときも無理なく仕事を続けていくことができるように、備えていくこ

more

転職において職安はどう活用するか

公共的な施設として市役所や警察署、その他市立の図書館などもあります。
あまり警察署に行くことはないでしょうし、市役所も引越しや家庭環境が変わらないと行くことはないかもしれません。
公共的な施設には普段はあまり利用しないけども、いざとなったときにかなり利用できるところがあるので知っておくと良いかもしれません。
それは転職しようとしたときに使える職安、ハローワークです。
正式名称は公共職業安定所で、都道府県や市区町村ではなく国が運営している役所になります。
基本的には住民票がある住所地を管轄する職安を利用するのが基本で、失業手当など申請などを行うときには決まった職安を利用する必要があります。
ただ求人情報を利用するのであればそれ以外の職安を使うことができます。
国が運営しているのでどの職安にも全国の求人情報がありますが、それぞれの職安で自由に見られるのは地元を中心とした求人情報になります。
これは転居せずに仕事を探せるよう配慮してのようです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren10set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

転職活動をするときとして会社に勤めながらと退職後がありますが、一応どちらでも職安は対応してくれます。
ただ職安は失業者をできるだけ出さないようにする公的機関なので、会社に勤めている人に対してはできるだけそのまま仕事をするようアドバイスをしてくれるでしょう。
その時は自分自身の理由などを伝えれば、それを汲み取ってうまくいい仕事が見つけられるようアドバイスをしてくれるかもしれません。
それぞれの職安に行くと受付があり、何をしたいかを伝えます。
自分で求人情報を探したいといえば求人が探せるパソコンのある場所を教えてくれますし、具体的に何をしたらいいのか分からないときは相談員の所に案内してもらえます。
相談員の所では今ある自分自身の悩みであったり、希望の仕事などをできるだけ細かく話すようにしましょう。
転職は簡単なようでうまくいかないときもあり、うまくいかなければ精神的にも辛くなるときもあります。
相談員はその人の事情を聞いてどう進めたらいいかなどを教えてくれます。

Page Top